個室の設計を工夫した2世代住宅


生まれ育った住まいの庭に、新居を建てたいという希望で事務所に相談に来られました。

現地に行ったところ、庭が敷地の奥にあり、新築の建築が難しい状況でした。

しかも、現在敷地に建っているご両親のお住まいを見たところ、面積もある程度あり、お子さんも2人が既に出て行っている状態で、空き室が多くありました。

小さな住まいの設計で培った、無駄のない設計で工夫すれば、2世帯住宅が可能かもしれないと感じました。

そこで、2世帯のプラン提案したところ、気に入っていただき、計画が進むことになりました。

1階は、ご両親の住まいです。

最近リフォームした水回りはそのままに、キッチン、ダイニング、リビングと3つに分かれていた空間を、一つに統合しました。

廊下との間仕切りを建具にして、広く使えるように。1階でありながらも、両世帯やお子さんのご家族が実家に帰ってきたときに、皆が集まれるような広い空間となっています。

2階は一旦、すべての間仕切りを取り払い、部屋割を変更しました。

新たにキッチンを設置し、広いLDKを確保。2階の面積が限られている中、寝室、子供室、書斎、洗面、浴室、WCを設けています。

改修の際に屋直や断熱などの性能も、向上させています。

一般的には数字上で広さを判断しがちですが、同じ広さであっても、プランの仕方によって感じ方は随分と異なります。

個室の設計を工夫することで、限られた面積でありながらも、LDKに広がりを作り出すことができました。 

概要
作品名 広陵町の家
ジャンル 一軒家(2世帯) , 自宅
所在地 奈良県
構造 木造
延床面積 175.9㎡
藤原 慎太郎/室 喜夫

藤原 慎太郎/室 喜夫

1点ものの建物を実現します