くの字型に変形した土地にある住宅


土地探しから進んだプロジェクトです。 幾つかの候補の土地を見てまわり、最終的には分譲地のくの字型に変形した土地を購入しました。

将来的には、ご両親が同居したり、宿泊しやすいようにという希望でした。

そこで、くの字の土地形状を生かして、くの字の中央に土間を配置し、その一方にはLDKと寝室、もう一方には子供室や客間を配置しています。

ちょうど建物が折れ曲がる具合が、それぞれのプライバシーと緩やかなつながりを生み出しています。

敷地の南面には、隣の建物が迫っている状況でしたが、デザインを工夫することで、2階からの光を1階のLDKまで届くようにしています。

そのためLDKの窓を閉め切っていても、日中は十分明るさを確保でき、落ち着いた雰囲気の中、家族が時間を過ごすことができます。

概要
作品名 堺の家
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 大阪府
藤原 慎太郎/室 喜夫

藤原 慎太郎/室 喜夫

1点ものの建物を実現します