閑静な住宅地に建つ、コートハウス形式の2世帯住宅


鹿児島市南部の閑静な住宅地に建つ二世帯住宅です。

それぞれの世帯を別棟で計画する必要があったが、外観は単純な構成とする為に一体としてデザインしました。

敷地の広さに余裕があった為、二世帯、共にプライバシーを保ちつつ開放的に生活できるコートハウスの形式を選択。

コートハウス形式の建物は、特に内外の境界が曖昧な空間を創るのに適しています。

その為、インテリアのデザインがより重要な要素となります。

具体的には、コンクリート打ち放しや土塗り壁、石及び木による床材の組み合わせ、更に御影石製キッチンカウンターや強化ガラス扉食器棚、ウォールナット木製家具及び建具など、多種多様な素材を慎重に選択配置する事により、家具を含めたインテリアデザインの単純かつ豊かな表現に留意しました。

種別 / 用途:専用住宅 / 規模・延床面積:377.31㎡ / 構造:鉄筋コンクリート+一部鉄骨造2階建 / 所在地:鹿児島県鹿児島市東谷山 / 竣工日:2007年5月

概要
作品名 東谷山の住宅 II
ジャンル 一軒家(2世帯) , 自宅
田村 孝典

田村 孝典

機能とデザインの調和を目指します