郊外の住宅地にあるコンパクトハウス


郊外住宅地に建つニューファミリーのためのコンパクトハウスです。

シンプル&精神的リッチ。必要な部屋に加え、豊かな居間です。内装は杉天然木張で、1階から2階までの葺き上げ屋根の下を居間とし、天井の高い大きな豊かな空間を創り出しました。

温水式床暖房設置。 『住まいをデザインする』(美術出版社)による間取りの実践例です。

概要
作品名 Saka-H Tochigi
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 栃木県
間取り 3LDK
基礎 ベタ基礎
外壁 モルタル+吹き付け塗装
屋根の形 切妻変形+カラーベスト葺
杉天然木張
フローリング+温水式床暖房
構造 木造
延床面積 110.4㎡
ロケーション 郊外住宅地
外装 モルタル下地塗装
内装 杉天然木張
設計から完成までの期間 1年
予算帯 2,000万円台
新田 広史

新田 広史

使い易いのはあたりまえ、プラスアルファの感動を