凸凹(でこぼこ)ワンルーム!


敷地は都市部から少し離れた田園地帯で、家族構成は設計の段階では2~5人と住まう人数が決まりませんでした。

そのため建物の完成後も使い方や人数が変化することを考え、部屋同士がおおらかに繋がっていく一筆書きの凸凹したワンルームという構成にしました。

部屋はリビングの一部のようにも使えますし、家族が多ければアーコディオンカーテンや折戸などの建具をしつらえることもできます。

それぞれの部屋はいろいろな方向を向いて環境が違い、住宅面積の半分ほどある大きなリビングダイニング、天井の高い部屋、曲線壁の部屋、アルコーブの部屋、ロフト付きの部屋、日当りのよい浴室など個性的です。

間仕切り壁がなくたくさんの窓により外部環境へも開放的な住まいで、部屋から部屋へだけでなく田園や山並み、空、周囲の風景へと広がりのある建築となっています。

概要
作品名 田園の住宅
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 岐阜県山県市
間取り 4LDK
基礎 切妻、片流
パイン材木フローリング
構造 木造
ロケーション 田園
外装 ガルバリウム鋼板
内装 構造用合板
予算帯 3,000万円
北村 直也

北村 直也

住みやすさと新しさ