付かず離れず、ひとつ屋根の下に暮らす|2世帯住宅


岐阜市北部の山に囲まれた地域にあります。

くの字状に折れた敷地形状に合せて、建物も玄関部分と居住部分とを折り曲げた形で配置してあります。

南側には遠く岐阜城を望むことができ、住宅内部からもその景色を取込むことができるよう配慮してあります。

親子二世帯の住宅で、それぞれの世帯のプライバシーが確保できるように、1階部分が親世帯、2階部分が子世帯の完全分離型となっています。

1階部分親世帯の住居は、リビング、和室、外部の広縁を連続させて奥行きを創り出しています。

外部の塀を外からの視線をさえぎる程度の高さとすることで、前庭は視覚的に内部化されて、リビングのはきだし窓からは、四季のうつろいを常に楽しむことができます。

2階部分子世帯の住居は、主に大きな2つの部屋で構成されており、子供の成長に合せて間仕切りを増やしたり、部屋の使い方を替えることができるよう配慮しています。

南側に位置する部屋は、家族ですごす時間がゆったりと心地よく流れるように、自然の風・光・風景を取り入れるように工夫しています。

概要
作品名 岩崎の2世帯住宅|2世帯住宅
ジャンル 一軒家(2世帯) , 自宅
所在地 岐阜県
外壁 ガルバリウム鋼板、左官仕上
屋根の形 切妻
ガルバリウム鋼板
ナラ複合フローリング、パイン無垢材
構造 木造軸組工法
延床面積 180㎡
ロケーション 郊外
予算帯 3,000万円台
祐成 大秀

祐成 大秀

丁寧に素直に そして楽しく 家づくり