浮壁によるプライバシーが確保された開放的な空間


南隣地には7階建の集合住宅、北側に4階建の事務所、西側に2階建の住宅の狭間に建つ住宅です。

直射光は東側から午前中入り込むため、東には外部、半外部空間を配置して、四方からのプライバシーを確保するために壁を2枚配置しました。

その2枚の壁を構造的に浮かせ、隙間を光などのバッファーゾーンとしました。この空間は空につながるとともに、内部空間を広げる空間でもあります。

概要
作品名 浮壁の家
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 愛知県
宇佐見 寛

宇佐見 寛

風・緑・水・土などの自然の要素を取り入れた建築