景観を最大限に生かした絶景の住宅


軒下空間のリビングのある住宅 高低差のあるガケ地に住宅を限られたコストの中で住宅を計画するためにコンクリートなどの擁壁は一切使わず、無数の柱空間を傾斜のあるアプローチ空間としました。この傾斜部は将来的に樹木、草花が生い茂る空間となります。

また、2Fリビング前には池へとつながる半外部空間の開放的なリビングを配置しました。

最終的に、風・光・緑・景色が通り抜ける気持ちの良い住宅が完成しました。

概要
作品名 まどにわ
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 三重県
宇佐見 寛

宇佐見 寛

風・緑・水・土などの自然の要素を取り入れた建築