街並みに馴染んだ、L字型の光溢れる住まい


古くから栄え、大きなお屋敷が残る地域に 建てられた住宅です。

外から見える道路に面した部分は 周囲と揃え、軒の高さを揃え町と馴染むようにしました。

お施主さまからの希望であった光溢れる住まいをつくるために 南側に大きな窓を設け 建物をL字に曲げることで 自分たちだけの囲まれた庭を確保しました。

庭に面した光溢れる内部は、本漆喰塗と繊細なスダレ障子が 柔らかく落ち着きのある空間となっています。

大きなこども部屋は、部屋を仕切れば個室を確保でき職人さんの腕を活かした、長いロフトはこどもたちの遊び場であり 増えていくこども用品も収納できるようになっています

概要
作品名 鈴鹿の曲がり屋
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 三重県鈴鹿市
間取り 4LDK
基礎 ベタ基礎
外壁 土壁、焼き杉
屋根の形 寄棟、片流れ
本漆喰
ナラ
構造 木造
延床面積 132㎡
ロケーション 住宅地
後藤 孝

後藤 孝

五感で感じる豊かな空間をつくっています