扇方の敷地に建つ特徴的な家


建築主は、面白い家を建てたいということで、あえて扇形の敷地形状を購入したとのことでした。

住宅街の端に位置する敷地で、西には竹林、南面、東面ともに道路に面した敷地となっています。

建築主の要望は、明るい環境のなかで、家族の気配を感じつつ、一室的な空間の中で家族が住む家づくりを、希望されました。

そこで、3面が開放された敷地で、道路という条件と敷地形状を利用して、光を建物の中に導くことができないかと考えました。

そこで、道路側のファサードには、大きなルーバーを設けました。

奥行きのあるルーバーとすることで、道路を通過する人や車からは目線をある程度さえぎりつつも(基本的にはプライバシーはあまり気にならないとのこと)、光を家の中に導きいれる住宅設計を提案しました。

ルーバーを道路に沿って段階的にずらすことで、時間の経過にあわせて、室内の表情の変化が楽しめます。

概要
作品名 向日の家
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 京都府向日市
延床面積 100.1㎡ (30坪)
藤原 慎太郎/室 喜夫

藤原 慎太郎/室 喜夫

1点ものの建物を実現します