海辺の大らかな雰囲気を生かした住宅


敷地は海岸から歩いてわずか5分です。

西側には披露山の小高い丘も一望できる住宅街の中にあります。

海辺らしいおおらかな雰囲気が感じられ、海から水着のままで帰ってきたり、テラスで裸で日光浴をしたり、そのようなライフスタイルが似合う場所です。

したがって、室内だけではなく外部空間も最大限に活用し、海辺の開放性を生かした特徴的な空間を持つ住宅にしたいと考えました。

省エネ性が重視される時代となり、外部との関わりを絶った閉じた住宅が増える中、温暖地であることの特性を生かし、「外部で過ごす」あるいは「外部とつながって過ごす」ことを積極的に捉えた住宅です。

披露山を目前に眺める開放的な屋上テラス、2階リビングと一体感のあるテラス、ルーバーによって大きく囲われた庭、デッキにつながる浴室、玄関とつながった土間等、外部空間の心地よさと楽しさが感じられる空間を随所にちりばめています。

概要
作品名 逗子KD邸<屋上段々テラスのある家>
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 神奈川県逗子市
間取り 3LDK+納戸
基礎 ベタ基礎
外壁 焼杉板
屋根の形 片流れ、屋上テラス
塗装
杉板
構造 木造在来工法2階建
延床面積 127㎡
ロケーション 海辺の住宅地
設計から完成までの期間 1年6ヶ月
植本 俊介

植本 俊介

住宅・集合住宅から一般建築まで手掛ける建築設計事務所