スリット状の中庭のある独立型アパートメント


賃貸住宅の多くは、家というより単に部屋の集まり。

賃貸の広告にある「部屋選び」という表現がそのような意識を典型的にあらわしています。

ここでは、全戸メゾネット形式(1戸のみトリプレット)とすることで、あくまで独立性の高い“家”の集合体として考えています。

もうひとつの特徴は、手前が狭く奥に広がったスリット状の中庭。決して広いスペースではありませんが、角度がちょっとふれているだけで、不思議なパースペクティブ感が醸し出され、「通路」ではなく有効な「スペース」に変化します。

黒いボリュームの中で、ここだけは真っ白く切り取られた空間とし、より印象的なスペースとしました。

各住戸へはこの中庭を通ってからアプローチします。

このようなシンボル空間を設けることで“部屋に住む”のではなく、“MTUHAUSという建物の一部に住む”という意識が生まれます。

また、デザイナーズ賃貸にありがちな造形優先ではなく、使い勝手、素材、収納、設備といった点にも配慮し、造形と機能性を両立させています。

概要
作品名 MTUHAUS|世田谷のデザイナーズ住宅
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 東京都世田谷区
間取り 1LDK、1LDK+ロフト
基礎 ベタ基礎
外壁 塗装ガルバリウム鋼板
屋根の形 片流れ
塗装
カバ無垢材フローリング
構造 SE構法3階建
延床面積 289㎡
ロケーション 住宅街
設計から完成までの期間 10ヶ月
植本 俊介

植本 俊介

住宅・集合住宅から一般建築まで手掛ける建築設計事務所