高台に建つ海への眺望を独り占めした家


丘の上に建ち、眼下に海を望み、海への眺望をひとりじめした建物です。

敷地は、緑に覆われた斜面上の土地。遠方に海を望み東側に開けています。

斜面の下から覗かれることはないので、東側には眺望を得るための大開口を設けつつ、自らの建物によって隣家からの視線を遮るよう、L字型に建物を配置しました。

メインのリビングダイニングからだけでなく、家のどの場所からもそれぞれ違った眺望が得られるようになっています。

内部は構造あらわしで木を多用しています。

また、長期優良住宅を取得し、温熱環境や耐震性にも優れた住宅となっています。

概要
作品名 横須賀KW邸<海を望む大開口の家>
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 神奈川県横須賀市
間取り 4LDK+ワークスペース、クローゼット、納戸、洗濯室
基礎 ベタ基礎
外壁 塗装ガルバリウム鋼板
屋根の形 片流れ
塗装
ナラ無垢材
構造 木造在来工法2階建
延床面積 165㎡
ロケーション 高台の郊外住宅地
設計から完成までの期間 1年6ヶ月
植本 俊介

植本 俊介

住宅・集合住宅から一般建築まで手掛ける建築設計事務所