細長い敷地に建つ住宅


大阪市内の住宅地に建つ住宅です。

細長い敷地で、形状が少し「くの字」となっています。

「くの字」により、真っ直ぐに建物を通すことが難しいです。そんな敷地に適した形は無いものかと考えました。

「くの字」敷地を生かしていこうと思ったのと、住まい手の「どこに居ても外の景色を感じたい」という要望により、建物を道路側から、手前棟、中棟、それと奥の棟と3つにバラバラっと分けてしまって、その棟同士を渡り廊下のようなつくりで繋ぐ計画としました。

建物をバラバラっと3つに分けることによって、建物の間に空きが出来て、そこに植栽がいれました。

棟同士を繋ぐ渡り廊下は木々の中を抜けるようである。部屋内から眺めると植栽越しに別棟の外観を眺められる家が出来上がった。

概要
作品名 住吉の家
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 大阪府住吉区
延床面積 126.5㎡
藤原 慎太郎/室 喜夫

藤原 慎太郎/室 喜夫

1点ものの建物を実現します