住宅地の街角にある、小さくともキリリと光る住宅


住宅街の角地です。小さな敷地ながら角地を生かし小庭のある夢のある、鉄骨3階建て住宅。

スクッと立つシンプル・スマートを目指しています。

角地を生かし一方の側面の腹の部分は1階から3階までガラスブロックを通しで出窓(出床)状に積み上げた。夜間は行燈のように輝いています。

内部はシンプル・スマートのひとつの表現である純和室をしつらえた。 茶道を道場です。

無垢材を使用した正統派のお茶室で炉を切り自在鉤を下げ、床の間は数十のパターン出しをし、バランスをまとめました。

また、隣室に水屋と、もう一方の隣室として控えの間を備えています。   

概要
作品名 Kat-H Saitama
ジャンル 自宅
所在地 埼玉県
間取り 5LDK
基礎 ベタ基礎
外壁 ALC下地タイル貼
屋根の形 フラット屋上
フローリング、たたみ
構造 鉄骨造
延床面積 165.9㎡
ロケーション 住宅地
外装 タイル貼
内装 塗り壁
設計から完成までの期間 2年
新田 広史

新田 広史

使い易いのはあたりまえ、プラスアルファの感動を