都心部の小さな敷地に建てられた住まい


都心部によくある周囲を住宅で囲まれた狭小敷地に、いかに光を取り込むか、部屋を如何に確保するか、 収納量を如何に多く取るか、を熟考しました。

そこで、明るい空間にしようとしながら、窓がないように見える住宅を作りました。

内部はスキップフロアとすることで、 必要な部屋と収納量を確保しながら、 本漆喰塗の壁と格子のドアが ゆったりとした、さわやかな落ち着いた空間となりました。

概要
作品名 窓はある家
ジャンル 自宅
所在地 愛知県名古屋市
間取り 3LDK
基礎 ベタ基礎
外壁 左官仕上げ
屋根の形 片流れ
本漆喰
ナラ
延床面積 70㎡
ロケーション 住宅地
予算帯 1,800万円
後藤 孝

後藤 孝

五感で感じる豊かな空間をつくっています