デッキテラスの中庭で独立しながら繋がる3世帯住宅


都内練馬区に計画した木造2階建の3世帯住宅です。

全体の配置構成として、中央に御父様邸、その両脇西側に御兄様邸(N邸)、東側に弟様邸(K邸)を配置し、各邸の間にコの字型に囲むように、リビングの大開口の掃き出し窓が面するデッキテラスの中庭を設けることや、御父様邸屋上に共用のデッキバルコニーを設けることにより、各世帯のプライバシーが保たれながら、相互に繋がりを持った落ち着きがあり、光が降り注ぎ風が通り抜ける開放的な住まいを計画しました。

各世帯の住戸共、1階にデッキテラスに面した広々としたリビング,ダイニング,キッチンを、K邸, N邸は2階に寝室,子供部屋をそれぞれ配し、各所に工夫が施された使い勝手のよい居住空間としました。

建物の外観は白のキュービックなボリュームが高さを変えながら、秩序立ったグリッドに従って配された、シンプルモダンな建築デザインとしました。

概要
作品名 囲んで繋がる心地いい住まい
ジャンル 一軒家(2世帯) , 自宅
所在地 東京都練馬区
基礎 べた基礎
外壁 フラットサイディング貼
屋根の形 陸屋根+片流れ折れ屋根
しっくい塗り壁
ムクフローリング
構造 木造軸組工法
延床面積 252.22㎡
ロケーション T型旗竿形状の住宅地
外装 フラットサイディング貼
内装 しっくい塗り壁
設計から完成までの期間 1年5ヶ月
予算帯 4,300万円
日吉 聰一郎

日吉 聰一郎

東京世田谷にある住宅の設計を主に手掛ける建築設計事務所です