建物中央に外部吹抜けの光庭を設け、明かりを呼び込む狭小住宅


都内世田谷の狭小地に計画した木造3階建住宅です。

周囲を住宅に囲まれ、間口が狭く奥行のある敷地に充分な採光を確保するため、建物中央部に外部吹抜の光庭を設けました。

光庭の両側に各部屋を配置し、スキップフロア状に階段で繋ぐことにより、光庭を通してどこにいてもお互いの様子がわかる構成としました。

また、2階の光庭には、FRPグレーチングを敷き、光や風を通しながら、外に出られるようにし、夜間は埋め込みのアッパーライトや、スポットライトによりライトアップされ、光庭を明るく照らし出すようにしました。 

全体の構成としては、1階は道路側ピロティ部分を駐車スペースとし、光庭と一体となった広々とした玄関ホールから階段を上がり、レベル差を利用した床下収納のある寝室を配置し、2階には東西面にそれぞれ、充分な容量の壁面収納のあるリビング、ダイニング・キッチンを配置し、3階には上部にロフトがあり、将来2部屋に仕切れる子供部屋、勉強コーナーと、パソコンスペースや、光庭を通して外が眺められる浴室のある洗面・水廻りスペースを配置しました。

また、屋上には階段を上って出られ、近くの公園の緑や、遠くの街並みまで一望できるようにしました。 

構造は高い耐震性をもつ構造用集成材による接合金物工法(SE工法)を採用し、外断熱通気構法により高気密高断熱性能を確保しました。

概要
作品名 光庭のある家
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 東京都世田谷区
間取り 3階建ビルトイン駐車場付2LDK
基礎 べた基礎
外壁 サイディング貼
屋根の形 陸屋根
クロス貼
フローリング
構造 木造軸組工法
延床面積 126.35㎡
ロケーション 狭小敷地
外装 サイディング貼
内装 クロス貼
設計から完成までの期間 1年2ヶ月
予算帯 2,400万円
日吉 聰一郎

日吉 聰一郎

東京世田谷にある住宅の設計を主に手掛ける建築設計事務所です