ルーバーで日差しを和らげた光庭のある3階建和モダン


東京都内世田谷区に計画した木造3階建の住宅です。 周囲を建物に囲まれ東側で接道する狭小敷地においても、充分な光と風を確保するため、南東角に光庭を配置し、上部2階レベルにFRP製グレーチングのバルコニーを設け、 道路面には日差しを和らげ目隠しにもなる、出入口と一体的に見える木製ルーバーと、可動スライド式のルーバーゲートで囲み、安らぎを感じる落ち着いた居住環境を創造しました。

また、北東コーナーのバルコニーや、アクセント的に設けた特徴的な丸窓を設け、室内のどこにいても広がりや緑を感じられる空間を計画しました。 更に各所に設けたトップライトにより、吹抜けの階段室、寝室等に明るい光が届く断面構成としました。 建物の外観は道路面の外部から独立した結界を表わす1枚の白い壁と、セットバックした黒の勾配屋根で構成されたシンプルモダンかつ和を感じる清々な凛とした佇まいの意匠としました。

概要
作品名 清凜の家
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 東京都世田谷区
間取り 3階建2LDK+書斎
基礎 べた基礎
外壁 割肌タイル調サイディング貼
屋根の形 陸屋根+切妻屋根
クロス貼
パナソニックオーマイティフロア
構造 木造軸組工法
延床面積 90.84㎡
ロケーション 周囲を建物に囲まれ東側で接道する狭小敷地
外装 割肌タイル調サイディング貼
内装 クロス貼
設計から完成までの期間 2010年 1月~2010年12月
予算帯 2350万円
日吉 聰一郎

日吉 聰一郎

東京世田谷にある住宅の設計を主に手掛ける建築設計事務所です