コーナー窓が特徴的なモダンアパート


船橋市に計画した木造2階建の単身者を対象とした集合住宅の建替計画です。

敷地南側に隣地の建物が迫っているため、一般的な集合住宅に見られる画一的な南面開口・北側廊下の構成から脱却し、敢えて南面の開口は閉じ、敷地周辺の各角地に開かれた緑の景観を採り入れるため、コーナーに大きな開口を設け、ワンルームながら、開放的な居心地の良いスペースを創造しました。

建物の外観は内部空間のコンセプトを明快に表すため、独立壁で挟まれたスリット状のコーナー開口のみで構成し、寄棟形状の屋根を中央の外部共用エントランス部分でニ分割されたシンプルかつモダンな建築デザインとしました。

概要
作品名 コーナーウィンドウのあるアパートメントハウス
ジャンル 団地・マンション・ワンルーム , 自宅
所在地 千葉県船橋市
間取り ワンルーム
基礎 べた基礎
外壁 サイディング貼
屋根の形 寄棟+切妻屋根
クロス貼
フローリング
構造 木造軸組工法
延床面積 142.00㎡
ロケーション 敷地南側に隣地建物が迫る東北角地の郊外住宅地
外装 サイディング貼
内装 クロス貼
設計から完成までの期間 2008年 7月~2010年 2月
予算帯 2,800万円
日吉 聰一郎

日吉 聰一郎

東京世田谷にある住宅の設計を主に手掛ける建築設計事務所です