愛知の空と暮らせる家


隣地の公園より1m高くなった敷地で、その高低差をコンクリートの擁壁で処理するのではなく法面のままとし、そこにウッドデッキとルーバーを設けることで公園とゆるくつながりながらもプライバシーを保てるように解決しました。

杉板貼りの深い軒からつながるリビングの勾配天井越しに見える空や、リビングに鎮座するムロの大黒柱、無垢の素材感を大事にした杉のフローリング、サワラ板貼の浴室、御影石貼の土間など和のテイストを随所に散りばめられた公園との距離感が程良いおおらかな住宅となりました。

下屋と屋根との勾配を変えることで、大地に力強く根付く印象を与え、公園側から見るとより大きな印象になるよう工夫しています。

概要
作品名 飛香台の家
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 愛知県
構造 木造
設計から完成までの期間 1年
加門 潤一

加門 潤一

時が経つ毎に年々味わい深くなる建築を目指して