光筒のあるオウチ


1階の採光が平面的には望めないため、各所に「光の筒」を挿入することで、空間に立体的な明るさを求めました。

また、それと同時に1間(1820mm2階部分を跳ね出すことで、狭い北側をすこしでも広く使いながら、2階の空間を確保しています。

広がった建物は「光の筒」により光が降り注ぐと共に、視線が様々な場所で交わることで、家族の気配を感じ、筒を自然と見上げてしまうことで、開放感を得られるように考えました。

概要
作品名 船原町の家
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 愛知県名古屋市
構造 木造
設計から完成までの期間 1年
加門 潤一

加門 潤一

時が経つ毎に年々味わい深くなる建築を目指して