敷地特性を活かした明るい住まい


周辺環境・旗竿敷地の特性を考慮し、建築主が快適に生活が出来るよう、明るく開放的な家となるように熟慮した。 建物は1階・中二階・2階・ロフトとレベル差がある。

結果、2階LDKは通常よりも1m程高く位置し、近接する隣地からの視線を遮り、かつ採光も確保出来る。LDKは勾配天井で高さ5mの開放感の有る空間となった。 1階書斎は高さ3.2mのスチールサッシとし、シャープで迫力のある空間。書斎デスクからはサッシ越しに山手の緑と街並みを臨める。

概要
作品名 横浜山手の家
ジャンル 自宅
所在地 神奈川県横浜市中区
間取り 3LDK
河辺 近

河辺 近

自分らしい住まいと暮らし