自然素材と太陽の熱を利用した気持ちの良い家


土地探しから、お施主さんとご一緒して、小高い山を後ろに抱いた静かな環境のこの土地が、全員一致で気に入って決めました。

その山の緑を家の中に取り込むようにプランニングすること、どこにいても家族の気配がわかるように間仕切りの少ないプランであること、音楽と本の好きな家族のために、静かに本を読んだり、音楽を聴く場所を作ってほしい、自然素材を使った優しいインテリアと、自然エネルギーを使った暖冷房が良いといったお施主さんからの希望を取り入れて、この家が出来上がりました。

大きな吹き抜けを持つ階段の踊り場を広めにとり、ベンチと本箱を設けて、子供たちが裏山の緑を眺めながら本を読む場所を作りました。

屋根面で太陽の熱を取り込み、床下の基礎コンクリートに蓄熱するパッシブソーラーシステムを採用したことで、夏も冬も、どの部屋も一定の温度を保つ快適な家になりました。

概要
作品名 逗子の家
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 神奈川県逗子市
基礎 コンクロートべた基礎
外壁 サーモウッド(高耐久木材)及び塗り壁)
屋根の形 片流れ
ドイツ漆喰塗り
無垢オークフローリング
構造 木造在来工法2階建て
延床面積 112.05㎡
ロケーション 小さな分譲地の奥、後ろに小高い山がある
予算帯 3,000万円
小島 建一

小島 建一

「気持ち良い家」を一緒に考える