京セラドーム近くにある千代崎の家


大阪市西区に建てられた、ひとり住まいの個人住宅です。

昔ながらの工場や商店街が残っていたり、近くには京セラドーム、大型スーパーイオンなどの商業施設も建ち並ぶ一画での計画です。

角地に位置する、面積8坪の狭小変形敷地は、広告で見つけて即購入を決意しました。

購入後、Coo Planning へご相談に来られました。せっかく建てるのだから、面白い住宅を考えてほしい。

建築予算も当初、1500万円と少々厳しい感じだったけど、お互い相談しながらやれないことはないと、案外スムーズに話しが進みました。

いろいろプランは考え悩んだ結果、このひとつにたどり着きました。

構造は、在来木造 2階建てスキップフロアです。インナーガレージを含めた延床面積は、41.94㎡(12.71坪)です。

1階スペースの天井高は、4メートルと大きくとり、2階へとつづく階段を、途中、踊り場のある中2階を介して上2階まで、ぐるっとまわしています。

中2階には、洗面/浴室の水廻りを配し、上2階には、主寝室とそれに面する、屋上テラスを配しています。

確かにそれぞれの床面積は小さいものの、窮屈な狭さは感じず、光が入り開放感のある、贅沢で心地良い空間が、できてよかったなと思っています。

概要
作品名 超狭小変形角地の2階建てスキップフロア
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 大阪府大阪市
基礎 地盤改良+ベタ基礎
外壁 板張り(チャネル オリジナル)
屋根の形 片流れ
PB + 白色塗装
ラーチ合板 w300 + ウレタンクリア塗装
構造 木造在来工法 2階建てスキップフロア
延床面積 41.94㎡(ガレージ含む)
ロケーション 都市
外装 板張りチャネルオリジナル
内装 ラーチ合板
設計から完成までの期間 1年1ヶ月
中尾彰良

中尾 彰良

お客さまのご希望の予算に対し『ちょっとプチ自慢できる住宅』を追求します