気負わない家(3階建て住宅)


第1種低層住居専用、という通常は3階建てを建てないエリアなだけに、施主と相談の上、極力近隣の方に威圧感を与えないような外観を心がけました。

結果、それが個性の主張を落ち着いたものにしてくれているようです。

基本姿勢は、ローコストではないが高価な建材を貼り付けるのではなく、適材を適所に吟味して使う。

そして既製品・造作、それぞれの良さを活かし全体として上手にコストコントロールを計ることでした。

でき上がった住宅は、住みやすく欠点の無い、そしてお客様をソフトに迎え入れてくれる、気負わない家になりました。

玄関の天井に羽目板、キッチンと洗面にモザイクタイルでデザインを高めました。

概要
作品名 第1種低層住居専用地域での3階建の狭小住宅
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 東京都文京区
間取り 2LDK+納戸×3部屋
基礎 ベタ基礎
外壁 ラス軽量モルタル
屋根の形 カーブ
強化石こうボード15㎜
磨き石、磨きタイル、突板フローリング
構造 在来木造
延床面積 32坪
ロケーション 北2項道路、東平屋建て、西・南は隣家
外装 厚塗り左官仕上げ、タイル貼り
内装 クロス、一部モザイクタイル
設計から完成までの期間 1年
予算帯 2,300万円台
滝沢伸夫

滝沢 伸夫

気負いのない暮らし