「普通に暮らせる狭小」の最低限度の住宅


テレビ番組のような、実際に暮らしずらい住宅をご提供することはできません。

毎日の生活の快適さはいかなる場合も必須条件です。

その上で、採光・通風・防犯・構造強度など諸性能も満たすバランス感覚が求められました。

斜線制限の範囲内で3階?屋上バルコニーを設ける為に、1階をすこし掘り下げることで、工事費は若干上がりましたが、納得の空間を確保することができました。

仕上げでは、床材を適材適所で選択しました。

概要
作品名 都心のローコスト狭小住宅
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 東京都大田区
間取り 3LDK
基礎 ベタ基礎
外壁 ラス軽量モルタル
屋根の形 切妻(片側はカーブ)
強化石こうボード15㎜
玄関ホール;磨き石、2階;カリン無垢、3階;安価フローリング
構造 在来木造
延床面積 27坪
外装 弾性リシン吹付け
内装 クロス
設計から完成までの期間 7ヶ月
滝沢伸夫

滝沢 伸夫

気負いのない暮らし