桜並木を楽しむ住宅


河川敷沿いにある南北に長い敷地。外観は閉じた印象にしプライバシーを保ちつつ、中庭に向け開くことで光と風を効率的に取り込みます。

中庭を中央に配置することでくつろぎの空間からのぞく少しの非日常を演出し、暮らしを豊かに。春の季節になると家中が目前に広がる桜並木を楽しむための特等席。

概要
作品名 景色を額装する家
ジャンル 自宅
所在地 宮城県
間取り 2LDK
村田 一明

村田 一明

らしに個性と楽しみを