家族の会話がはずむファミリーベース


この住宅は、浴室を含めプライベートスペースを全て2階に集約し、1階の開放された空間とは明確に分離した、とてもシンプルな階構成になっています。

そして、この1階と2階の接点にファミリーベースを設けたことが、一番の特徴となっています。

ファミリーベースは中2階になっており、ここに座ったときにキッチンに立つ人と目線が同じになるように意図しています。

また、壁面は本棚、床下は収納になっていて、家族の将来がここに記録されていくことを願って計画しました。

概要
作品名 将監殿の家
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 宮城県仙台市
設計から完成までの期間 1年
岸上 昌史

岸上 昌史

楽しさと美しさと安全をデザインします!