色で遊ぶシンプルな鉄骨住宅


育ちざかりの子供たちが、のびのびと過ごすことをモットーにした住宅です。

家族との触れ合いを大切に、狭いことを活かして快適に暮らせるよう、建築家ならではの発想の転換や設計力と、子育てを経験した母の視点でプランニングしました。

8.8坪の狭小敷地ながら、各階ワンルームを基本として建物全体を一つの住宅空間としてとらえる事で、回遊性と視覚的な広がりが得られて家族相互の気配を感じとり、床面積が狭くても広く感じる空間構成と、光を効果的に取り入れ、明るさと広がりをもたせた、鉄骨3階建て住宅です。

予算を抑えるため、形状はシンプルにして、外観や室内をポップなカラーコーディネートにすることで、日々の暮らしを元気に明るく演出します。

概要
作品名 光あふれる狭小住宅
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 大阪府八尾市
間取り 3DK
基礎 ベタ基礎
外壁 タイル
クロス張り
フローリング、Pタイル
構造 鉄骨構造
延床面積 16.6坪
ロケーション 住宅地
外装 タイル
南 啓史

南 啓史

日々の暮らしに溶け込む美しさと機能性の調和