大阪の長屋のある住宅地の家


大阪市内の昔ながらの長屋が残る住宅地に建てられています。

3方を隣家に挟まれ、また狭い前面道路の向いにも住宅が建てられている条件のなか、いかに自然光を取り入れるかを考えたなか、プランを完成させています。

全体は、屋内のコート、屋外のコート、リビング、キッチンを含む水回り、主寝室、子供部屋(フリールーム)で構成されています。

敷地いっぱいの長方形の平面を3分割し、各室を”屋内のコート”と”屋外のコート”ではさむ、単純な構成をとっています。

それにより、屋内のコート、屋外のコート、そして屋内外のコートに面している室、が生まれています。

屋外のコートは、屋根のない外の場所として、屋内のコートは、吹抜のある内の場所として、限られたなかにも、光を感じる余白のスペースをつくることを考えました。

小さな住宅の中にも、多様な風景と時間が織り込むことができるということを、この住宅で表現できればと考えています。

概要
作品名 デザインを極めた黒い箱
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 大阪府大阪市
基礎 ベタ基礎
外壁 ガルバリウム鋼板 長尺一文字葺き
屋根の形 片流れ
ラーチ合板 オイルステイン+ウレタンクリアー塗、クロス
タモ無垢フローリング、じゅうたん敷、300角タイル
構造 木造在来工法 2階建て
延床面積 99.76 ㎡
ロケーション 昔ながらの長屋のある住宅地
外装 板金
内装 ラーチ合板
設計から完成までの期間 1年
予算帯 2,500万円
中尾彰良

中尾 彰良

お客さまのご希望の予算に対し『ちょっとプチ自慢できる住宅』を追求します