都心の中庭の家


周囲は程よく家が立ち並ぶ渋谷の住宅地です。

家が建て込んでいるので、他家や道路からの視線、プライバシーに留意し大き目の中庭方式を採用しました。

1階から3階までの外回りの開口部は小さめで防犯性等を高めています。

その代わり中庭に面する開口部は大きく取り、採光と風通し(夏の通風、冬の日当たり)の自然の力を最大限に生かすことに留意しました。

パブリックな部屋を2階に大きくとり、充実の収納、使いやすい水回り 作り付けの家具、動線の考えられた台所など、住まいとしての快適さを追求した、バリヤフリーの住宅です。

性能的には断熱、遮熱性能を考えて鋼板断熱充填パネルを採用した。

構造的には基準法の1.5倍の強度を基準にして耐震性を高めた。

内部空間は使いやすさ、楽しさを演出、内部は床、壁とも自然素材を採用して健康的なことも考慮している、コストパフォーマンスの高い家です。

普段の極度にハードな仕事を考えて、家ではほっとする空間、素材、雰囲気の演出に最も力を入れて計画しました。

概要
作品名 都心の格子の家
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 東京都渋谷区
基礎 ベタ基礎
外壁 鋼板断熱サイディング
屋根の形 陸屋根一部片流れ屋根
コルクタイル
構造 鉄骨造3階建て
延床面積 252.13㎡
ロケーション 都心住宅地
設計から完成までの期間 1年11ヶ月
予算帯 6,400万円
氏原 求

氏原 求

家族ニコニコ設計