ゆったり過ごせる別荘のような空間の家


南に急勾配の崖を持つこの敷地は、建築可能な範囲が条例によって大きく制約を受けています。 

上の階を崖の方に大きく5Mもはね出したこの形態は、その制約の結果です。南の眺望は良いのですが、すぐ前には4階建ての集合住宅が建っています。

それを視界から外すためにリビングは上の階に設け、1階の前庭は高い塀で囲いました。 

2階リビングの吹抜は、南側の眺望を最大限に取入れるだけでなく、リビングと吹抜に面した3階の子供室との距離を縮めています。

「キッチンから簡単に子供室に声が掛けられる様に」と望んだ、クライアントの奥様のご要望によるものです。

建物に降り注いだ雨は全て1ヶ所に集められ、アプローチのつき当りの壁に滝となって流れ落ちます。

これは経営されている店舗全てに滝を作られてきた、クライアントの滝に対する熱い思いの結果です。

概要
作品名 FO邸
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 岐阜県
ロケーション 崖地
内川敏男_内川よしこ

内川敏男/内川よしこ

時間を経る程に味わいを深めていく空間