自然材、無垢材仕立てのスーパーローコスト住宅


あきる野の家 (スーパーローコストの家)  20数年ほど前に手掛けた住宅のご子息夫婦の住宅です。

親は愛知県豊橋市、子は東京都あきる野市という違いはあるが、親子2代に渡って設計を依頼されるという責任の重い仕事であり、やりがいのある仕事でもあった。

周囲は古い集落、民家の区分けされた敷地環境です。

北側の隣家への影響を考慮し、配置と高さを調整し、駐車場、畑、アプローチ、自転車置き場、ウッドデッキを設置を計画しました。

コストのため実現延期の部分もあるがバランスの良い予算配分を心がけた。

基礎、躯体等には予算をかけ、断熱、遮熱にも充分考慮した。 仕上げ、飾り等にはほとんど予算はかけていません。

ただ毎日使う所や水周りには予算を配分してある。 冬の南の光と夏季の通風を室内に満たすための吹き抜け、玄関を兼ねる土間等の工夫がこの家の見所です。

自然力を最大限に利用した住宅(夏の通風、冬の日当たり) 他の留意点は 基本的な住宅性能の確保、防犯、落ち着きのある住まい、メンテナンスのし易さ、断熱、遮熱、気密(1ルーム的な内部なので) 居間を大きくとり、それに付随して食堂、又家事が楽しく出来るように、各部屋が見渡せる位置にキッチンを配置した。

外部は品のあるシンプルさの中にメンテナンスのし易さ、楽しさを演出、内部は床、壁とも自然素材を採用して健康的なことも考慮している。

素材の使い方などを工夫した外断熱 バリアフリーのスーパーローコスト住宅です。

また、外壁の焼き杉は施主自ら焼きました(※現場の職人、監督、設計者もお手伝い)。

概要
作品名 秋川の家
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 東京都あきる野市
間取り 大き目の1ルーム的 居間、食堂、玄関土間 2階は個室(オープンな個室)
基礎 ベタ基礎
外壁 焼き杉板、鋼板サイディング
屋根の形 切妻
PBのまま
杉板 t=36
構造 木造在来工法
延床面積 89.42㎡
ロケーション 程よい距離で家が建っている農家混在の環境
予算帯 1,400万円
氏原 求

氏原 求

家族ニコニコ設計