主なカテゴリ
  • すべてに“ちょうどいい”家
  • すべてに“ちょうどいい”家
  • すべてに“ちょうどいい”家
  • すべてに“ちょうどいい”家
  • すべてに“ちょうどいい”家

抑え目コスト

世田谷の閑静な低層住居専用地域の狭小地です。 技術的な面ではもちろん建蔽率・容積率はMAX、斜線制限のクリアランスもぎりぎりに、適法の限り小屋裏も余すところなく有効活用しています。 そうしたなかでもLDKは19帖、個室は6帖、5.5帖、4.5帖×2室。ロフトが2か所と、さらにシューズインクロークまで設ける事ができました。 外観は斜線制限を逆に上手く利用する、変化に富んだものにできました。 内部にも、材料の高価さに頼ることなく、オープンキッチンや間接照明・スチール製手摺など必要なものを手造りで対応した結果、かけたコスト以上の満足度が高い家ができました。 また、床面積を最大に確保し、かつ大きなバルコニーをとるため、バルコニー床はグレーチングとしています。

概要

作品名 すべてに“ちょうどいい”家
ジャンル 旗竿・狭小住宅,デザイナーズ住宅,ローコスト住宅
所在地 東京都世田谷区
設計から完成迄の期間8か月
間取り4LDK
基礎ベタ基礎
外壁ラス軽量モルタル
屋根の形片流れ+カーブ屋根
PB12.5mm
樹脂フローリング
構造在来木造
予算帯1,400万円台
敷地面積70㎡
延床面積26坪
所在地東京都世田谷区
ロケーション西6.5m道路、東は隣家庭、南に共同住宅
構造設計無し
外装厚塗り左官仕上げ&弾性リシン吹付け、一部ガルバリウム鋼板横貼
内装クロス、一部ガラスモザイクタイル貼
写真の撮影者滝沢伸夫

プロフィール

滝沢設計

気負いのない暮らし

この建築家に問い合わせる


この事例をあなたのブログで
紹介しませんか?
埋め込みコード:

滝沢設計の事例

  • 都心の狭小

    都心の狭小

  • 低層住居専用地域での3階建

    低層住居専用地域での3階建

  • 1階RC、2階は木造の混構造です

    1階RC、2階は木造の混構造です