閑静な住宅街にある環境配慮型住宅


子供が独立し、老後を迎えようとする夫婦のための住宅。

これからは主に夫婦二人での生活となるため、プライバシーを互いに気にする必要が無く、広さを感じることのできる開放的な設えが求められました。

一体的な連続空間となっているため、風は南北に通りやすく、空調を必要としない期間を長く設定することの出来る住宅です

概要
作品名 学園前の住宅
ジャンル 一軒家 , 自宅
基礎 ベタ基礎
外壁 ジョリパット・杉板
屋根の形 勾配屋根
シナ合板 白塗装
オークフローリング ホワイトオイル塗装
構造 木造
延床面積 140㎡
ロケーション 郊外
設計から完成までの期間 1年
予算帯 3,500万円
黒川智之

黒川 智之

対話を通じて建築の可能性を最大限引き出します