各層を移動する度にシーンが展開するワクワクする住まい


敷地は南側と東側に高低差(約80cm)のある道路角地で、北側と西側には住宅のある住宅密集地です。

クライアントの要望は近隣への音を配慮したピアノ教室 ・膨大な数の蔵書・CD等の保管スペースの確保 ・老後のことを考えたバリアフリー空間でした。

そこで、ピアノ教室(防音仕様)は1階の道路角面に配置し、和室、生活空間(LDK、浴室、洗面等)、書斎、寝室を順に層を重ねる様にし、上の層になるにつれて、プライベート性を強くする計画にしました。

蔵書やCD等はそれぞれが必要とされる場所にスペースを設け、 “見せる収納” “隠す収納”のメリハリをつけ、収納し易く、利用し易いものにしました。

近隣からの視線の緩衝として計画をした中庭は、各層をつなぐ光と風を取り込む光庭です。

将来的にバリアフリー生活となる時には、この中庭にホームエレベーターを増設でき、主要な層へアクセスできる計画をしています。

全部で7層ある内部空間は、初めて訪れる人は迷路のように感じられます。

層を移動する度にシーンが展開するワクワクする住まい(wonder land)となっています。

概要
作品名 アリスの家
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 大阪府
田中 信子

田中 信子

関西を拠点とした女性建築家ユニットです