フレキシブルなマンションリノベーション|リフォーム住宅


3LDKのマンションでは、廊下側に洋室2つ、ベランダ側にLDK、その中間にもう1部屋という構成が一般的です。

中間の1部屋は予備的な和室・洋室として設計されることが多いですが、居室として使うには採光・通風・空調の条件が悪いため、実際には季節物や捨てられない家具などを押し込んだ納戸となり、住み手の生活スタイルの変化に柔軟に対応できる間取りとならないケースが多くみられます。

今回はこのような中間の1部屋をフルオープン可能な引戸でつくることで、独立した部屋として、広いLDKの一部として、また適度な位置で固定してゆるやかに空間を仕切るなど、その日の気分によって服を着替えるような感覚で簡単に模様替えできるフレキシブルな住宅としました。

概要
作品名 着替える家(リフォーム住宅)
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 大阪府堺市
間取り 3LDK
コンクリート打ち放し / ビニルクロス貼
パイン無垢フローリングOF / 長尺シート / Pタイル貼
構造 SRC造
山本嘉寛

山本 嘉寛

素材を活かした設計を心がけています