廻りを道路に囲まれた三角形の敷地に建つ家


ミニ開発によって残された島状の三角形の敷地に建つ家です。

建主さんは、一般的には「住宅用地」としては不向きとされる廻りの環境や敷地形状に魅力を感じ、「この場所でしか造れない、この場所だからこそ造れる家」を望まれ、私達の所に依頼して頂きました。

廻りの環境をどのように遮断し、どのように取込むか、をコンセプトの中心に据え、全体を纏めました。

概要
作品名 変形敷地に建つ家
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 栃木県
構造 木造一部RC造
渡邉 清

渡邉 清

「コト」をデザインする。を基本に活動しています