何もデザインしないことをデザインした家


「White cube (白い箱)」それは何もデザインしないことをデザインした箱です。

こだわりの要素を詰め込み、住む人 の個性に順応し染まる箱です。

出来る限りの壁や扉を排除し、広々とした空間の提案をしています。

大きな吹き抜け を設け、1階と2階のタテの開放感も演出しています。

周辺を塀で囲んだパティオを設け、内と外の境界線領域を曖昧にし、屋内なのに屋外にいるような、屋外なのに 屋内にいるような、そんな曖昧な空間をしつらえました。

概要
作品名 ホワイトキューブ
ジャンル 一軒家 , 自宅
松永 隆文

松永 隆文

「どこかカッコイイ」「なんだか気持ちいい」そんなスタイルを提案しています