成城の森の中にある耐震木造の2世帯住宅


「成城・森・人」は成城の森に建つ2世帯住宅です。

環境と人をテーマに都会の親子の暮らし方を提案しました。

「2世帯がどのようにすんだらベストなのか。」様々なプランを作成お客様の生活にあったプランを模索しました。

「設計者自身が2世帯住宅に住んでおりアドバイス多くもらえること」「気軽に相談しやすい人柄であること」だそうです。

1階は親世帯で漆喰で仕上げた古民家風にし、 2階は木をふんだんに使って仕上げています。

また、敷地の高低差に沿うように内部も高低差を生かした設計になっています。

都心部ではあり得ないような木々に囲まれ春には桜が咲き乱れる好立地で 敷地下の仙川には桜並木が鑑賞できるように北側に大きな窓を設けています。

完成後、「2世帯の場合面積が大きくなるのでコスト面が心配であったが希望の予算で設計してくれた。家族5人で楽しく暮らしています」という言葉をクライアントからいただきました。

概要
作品名 成城・森・人
ジャンル 一軒家(2世帯) , 自宅
所在地 東京都
設計から完成までの期間 1年
嶌 陽一郎

嶌 陽一郎

耐震住宅の専門家