旗竿敷地に建つ中庭のある住宅


隣家の迫る旗竿敷地に建つ住宅。 周辺の変化に左右されない安定した環境を確保するため、 建物の中心に中庭を設け、それを囲うように居室を配置しています。

中庭に向かって下りていく大屋根が、そこで営まれる生活を力強く包み込んです。

中庭に敷き詰められた鎌倉石は、もともと敷地に積まれていたもので、 新築の建物に時間の奥行と空間の落ち着きを生んでいます。

長期優良住宅を取得し、省エネやメンテナンスに配慮するとともに、 無垢のフローリングや漆喰などの自然素材を積極的に採用しています。

概要
作品名 鎌倉の家
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 神奈川県鎌倉市
間取り 3LDK+和室
基礎 ベタ基礎
外壁 モルタル通気工法の上、リシン吹付
屋根の形 ガルバリウム鋼板葺き
砂漆喰、コテ押え
無垢フローリング、自然塗料
構造 木造、在来軸組工法
延床面積 119.62㎡
ロケーション 旗竿敷地
予算帯 2,500万円
江藤 剛

江藤 剛

関東、中四国など幅広く設計活動を行っています