家族みんなが繋がりを持てる家


千葉県船橋市の住宅地に計画した木造2階建ての専用住宅です。

この住宅では隣地の林の美しい緑を室内にどう取り込むか、又、部屋同士の繋がりをどのように扱うかに重視して計画しました。

1階は、最も眺望の良い西側先端にリビングを配置し、その後にダイニング、母の部屋を配置しています。

ダイニングと母の部屋の間の引戸を引込めば、西側の林から、庭、テラス、リビング、ダイニング、母の部屋、東側の庭まで空間が連続します。

リビングの西側の開口は4枚引込み窓になっており、北側の壁の中に全てサッシを収納して全開口にすることが出来ます。

玄関、便所、食品庫、キッチン、脱衣洗面室、浴室は南側にまとめて一列に配置し、玄関からの裏動線も確保しています。

リビングの上は吹抜けとし、林に面して2層分の開口を設けることで、林の緑をより多く室内に取り込めるようにしています。

吹抜けの中に階段を設置し空間にアクセントを与え、吹抜けに面して奥様の書斎を配置しています。

書斎からは林の緑を望みながら、リビングで遊ぶ子供の姿も確認出来ます。

家全体として廊下は無く、各部屋が緩やかに繋がりながら空間を構成し、同時に各部屋のプライバシーも確保出来るようにしています。

家全体で林の美しい緑を取り込みながら、家族みんながリビングを中心につながりをもてるような素敵な家になったと思います。

概要
作品名 船橋の家
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 千葉県
秦野 浩司

秦野 浩司

秦野浩司建築設計事務所