子供のためのスキップフロアが家中を繋ぐ住宅


この住宅は相談を受けた段階では設計事務所での設計を前提としてはいませんでした。

施主から相談を受け、当初近隣での建売物件やハウスメーカーでの新築、また中古住宅でのリフォームも視野に入れながら物件を一緒に探していましたがどこも室数や設備は満足しても帯に短しで生活するイメージにピタリと来る建物がありませんでした。

そんな中、偶然希望に合う場所に空き土地が出たことから、なるべくコストは抑えながら、施主の希望である「家族がいつも繋がりながら楽しく住む」住宅を一から設計することとなりました。 南西側に手稲山へと目線が抜ける住宅街に敷地はあります。

北側の道路面に数台分の駐車場スペース、南側に庭を配置したため建物は東西に長い長方形となりました。 コストを抑えるため考え、なるべく全体を凹凸の少ない総二階の直方体をとし、その中心に0.5階分の高さのボックスを配置しました。

ここは階段の踊り場を広くしたようなスペースでもあり、子供たちの勉強スペースとなる「1.5階」とも言えるフロアです。 このフロアがあることで、一番家族が居る一階のLDK、子供の勉強スペース、ご主人の書斎ともなる二階のライブラリスーペースが滑らかに一筆書きで繋がり、家族がいつも互いの雰囲気を感じながら生活できる開放的な共用部が出来ました。 まだ就学前のお子さん二人がおり、今後はキッチンやリビングにいながらに机に向かう子供と顔を合わせながら過ごすことが出来ます。

家族が一緒にいる共用部を充実させた代わり、個室群は最低限の大きさとしコストを絞り、なるべく個室にこもらない、家族皆が快適な共用部に居たくなる事も隠れたテーマにしています。 少し天井の低いボックスの下の小部屋は防音とし、音楽が趣味のご主人の空間としています。 子供室・主寝室からも開閉式の小窓で吹抜け越しに各空間が繋がります。 子供たちの成長を見守りながら、家中どこにいても家族が共に楽しく生活できる空間となりました。

概要
作品名 中二階が繋ぐ家
ジャンル 一軒家
所在地 北海道
富谷洋介

富谷 洋介

あたたかく心満たされる空間、一つ一つ丁寧に設計します。