狭小敷地で豊か住める家


間口5.4mの楔形をした88㎡の小さな敷地にこの家は建っています。

敷地の東側は交通量の多い幅員20mの道路、南側は野球グランドやテニスコートを備えた緑豊かな公園に面しています。

公園では遊具で遊ぶ子供達、愛犬と散歩をする老人、季節によって表情を大きく変える銀杏並木等の既存風景がこの家が建つ前から存在していました。

「白のコラージュ」は元々存在する周辺の日常風景と、その中に住宅が建つことによって生まれる新しい生活の風景がコラージュされひとつの風景になることを意図しました。  

概要
作品名 白のコラージュ
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 北海道札幌市
間取り 4LDK
構造 鉄骨造
延床面積 119.03㎡
ロケーション 狭小敷地
予算帯 2,500万円
山内圭吉

山内 圭吉

シンプルで質の高い建築を提案します