プライバシーと開放性を両立させる中庭がある事務所兼住宅


新井アトリエの自宅兼事務所です。

「プライバシーの確保された、安心できる空間」と「庭の緑・風・光を存分に楽しめる開放性のある空間」と一見、二律背反するものを両立させようと考えた結果、中庭のあるプランができあがりました。

壁、ルーバー、植栽、レベル差といった手法により道路や隣地からの視線をカットした中庭をつくり、その中庭に対して開放的な構成としました。

中庭に面する開口部はカーテンやブラインドといった目隠しなしでオープンにして暮らしていても道路や隣地から見られることはないため、開放的な空間を楽しみながらも安心して暮らすことができます。

また、常に家族の気配が感じられる家を目指しました。

家族構成は共働き夫婦と息子1人。共に過ごす時間は限られます。

料理をしたり、デスクワークをしたり、ソファでくつろいだり、遊んだり……家族が思い思いのことをしながらも互いの気配を感じられるよう、生活空間は1階にまとめ、ワンルームの中に様々なコーナーがある構成としました。

将来の家族生活に対応できる工夫/時と共に家族の生活は変化していきます。

竣工時は幼児で親と一緒に寝ていた子供も、次第に大きくなるにつれて自分の領域が必要となり、やがて家を巣立っていけば夫婦二人の生活になります。

2階はこういった変化する家族の生活に対応できるようロフトをもつワンルーム構成とた上で、将来必要に応じて間仕切りを設けたり、取り外したりができる空間としました。

概要
作品名 荏田町の家
ジャンル オフィス・事務所
所在地 神奈川県横浜市
間取り 3LDK+ロフト
基礎 杭基礎
外壁 ガルバリウム鋼板
屋根の形 ガルバリウム鋼板 瓦棒葺き
砂漆喰塗り
カラマツ無垢フローリング
構造 木造在来工法
延床面積 99.28㎡
ロケーション 住宅地
設計から完成までの期間 1年3ヶ月
予算帯 2,000万円台
新井 崇文 

新井 崇文

「光」「風」「緑」を活かし「自然素材」に包まれた家