「プライバシー」と「開放感」の両立された住宅


定年を数年後に控えたご夫婦のための建て替えの計画です。

リビングは環境のいい2階に配置された。2階リビングにおける、近隣からの「プライバシー」と、室内からの「開放感」の両立がテーマとなりました。

リビングの周囲を大きなテラスで取り囲み、「屋内」空間であるリビングと、「屋外」空間であるテラスの融合を図っています。

そのテラスは、3角に切り取られた斜めの壁で囲われています。

この3角形のテラスは、室内から空への視線を確保すると同時に、周辺家屋の窓や道路からの視線を緻密にコントロールするための装置でもあります。

ちなみに、2階にリビングを設けたため、老後に対する配慮として、ホームエレベーターを装備しました。

このお住まいのもう一つの特徴は、1階に設けられた映写室です。

映写室は170インチの大型ワイドスクリーンで映画が楽しめるよう、幅4.5m×長さ9mの広さを確保し、3D対応の高性能プロジェクターの他、サラウンドスピーカーを完備してます。

遮光や遮音性にも配慮したその空間では、映像と音の世界を如何なく楽しめることとなります。

なお、光熱費のランニングコストがかからないよう、発砲ウレタンによる高断熱仕様とした上で、断熱性能(Q値)を計算によって確認しました。

また、大きな窓にはそのすべてに庇を設け、夏季日射取得係数(μ値)の計算を行い、四季を通してなるべく冷暖房に頼らない生活スタイルの提供を目指しました。

冷暖房による光熱費は、建て替え前のそれとくらべると、1/2~2/3程度になったそうであります。

概要
作品名 さんかくテラスの家
ジャンル その他
所在地 東京都武蔵野市
延床面積 122.14㎡
藤井 将

藤井 将

シンプルデザインのFit建築設計事務所