障がいがあっても親子で住み続ける家|リフォーム住宅


娘さんは重度の四肢麻痺で、車椅子生活がなんとか行える障がいがあり、お母様はパーキンソン病で徐々に病状が進行しています。

この親子二人の最大の望みは、生涯、自分達の家で生活が出来て、満足できる生活を送る事でした……。

築40年を超える自宅は、便所・洗面室・玄関・浴室の狭さや高低差は介護士が付いていても、かなり大変な介助状況でした。

また工事中の借り住まいは施主の引っ越しの体力が無く、居ながらの工事を余儀なくされたため、3期に工事を分割して行いました。

障害に合わせたバリアフリー住宅となり、家じゅう無駄な空間がなくなって大変喜んでいただいています。

また、自然素材を使った空間は心身共にリラクゼーション効果が高まったとのことです。

『バリアフリー+暖かみのあるデザイン』を行う事によって、用と美が満足できる、居心地の良い納得のいく改装となりました。

なお、この作品は、『TDYリモデルコンテスト2013』 において「優秀賞」を受賞しています。

概要
作品名 鹿ヶ谷のいえ【バリアフリー住宅】(リフォーム住宅)
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 京都府京都市
間取り 改装部分:玄関、廊下、サニタリー7帖、浴室・脱衣室、DK8帖、寝室、階段・階段ホール、洋室、トイレ
基礎 一部補修
外壁 京都産杉板
屋根の形 切妻
強化クロス(合板下地)
天然コルク
構造 木造軸組
延床面積 76.07㎡(リフォーム部分は60.07㎡)
ロケーション 閑静な住宅地
外装 改装部は杉、杉皮、竹など自然素材で構成
内装 天井には京都産杉を使用 壁は車椅子使用のため耐久性重視
設計から完成までの期間 7ヶ月
杉本考次

杉本 考次

自然素材を使用した、シンプル・快適・美しい建築を提案します