スローライフの家


「スローライフの家」は久留米市内の自然豊かな土地に建ち、オーナーは自然の中で健康に暮らすことを望んだ。

計画する上で、この住宅のコンセプトの根幹にあったものは、その家で生活する人たちと、その家の周りの住人との繋がりを作る事でした。

和室は直接外部に繋がっており、情緒豊かな自然を室内から楽しむ事が出来る。和室の目の前は屋根の付いた屋外空間であり、より親密なコミュニティが生まれます。

地下にダンススタジオを設ける際、工事費を考慮しリビングルームの床を通常より高くしました。

この段差は椅子になり、子供達を見守るお母さんのくつろぎの場所に、ウッドデッキテラスの段差は、さながら公園のベンチのように、地域の人との交流の場となるだろうと考えました。

都会では感じることのできない自然を感じながら開放的な生活がおくれる住宅を設計しました。

この住宅は周りの建物や土地とは全く違う雰囲気を持ち、その地域での新しいライフスタイルの発信地になります。

現在、都市部に住む戸建住宅を考えている人々に夢と希望を与える住宅です。

概要
作品名 K5-house
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 福岡県久留米市
構造 木造軸組み面剛性工法
佐藤 正彦

佐藤 正彦

人の動きや流れ、そして心を設計します