国産材を使いながらIKEAの家具を組み込んだ充実の家


この住宅は、2人の可愛いお子さんがいる、30代夫妻の家です。場所は目白台の路地の奥で、土地を安く入手できたことから家づくりが始まりました。

付近よりも土地を安く入手できたのは、車が入れない路地の奥に敷地があることが理由で、そのため工事も木材を手で運び、上棟も手で起こすような作業が必要となりました。

周囲が囲まれた環境だったため、採光は上の方からとることにした結果、「抜け」のある圧迫感のない室内を実現することが出来ました。

プランは、2階のLDKを中心に家事動線を集約し、キッチン〜洗濯〜浴室〜テラスが集約されていることで、お仕事をされている奥様の家事作業を機能的にできるようにしています。

1階は主寝室と和室、そして2室をつなげるウォークスルークローゼットで、効率よく収納できるように考えています。

3階は吹き抜けに面したワークスペースと、丸窓がアクセントになっている屋根裏部屋があります。

ワークスペースや玄関の収納はIKEAの家具を使いました。オーナー家族と友人家族、そして私たち家族が組み立て、大工さんに固定してもらいました。

家具工事の予算節約だけでなく、愛着のわく家になりました。

設計から工事現場まで、楽しく進めることが出来、施主と設計者と施工者の理想的な協力関係でできた家です。

また、構造材には工務店の推めで栃木県那須で生産されている「八溝杉」を使用することが出来ました。

産地のわかる国産材を実際に生産者の説明を聞き、製材過程も見たうえでの家づくりは、貴重な体験になりました。

概要
作品名 八溝杉の家
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 東京都文京区
間取り 3LDK
基礎 ベタ基礎+地盤改良
外壁 ガルバリウム鋼板
屋根の形 片流れ
クロス
無垢フローリング
構造 木造
延床面積 116.85㎡
ロケーション 路地の奥
設計から完成までの期間 1年8ヶ月
予算帯 2,000万円台
深山(豊田)健太郎

深山(豊田)健太郎

Happy and beautiful 研究所